5.相談する目的を決めましょう

今回、我が家が保険会社のファイナンシャルプランナーさんに相談したのは、
「学資保険」に入るという目的がありました。

ファイナンシャルプランナーさんは、
学資保険について詳しく説明してくださり、
そもそも何のために学資保険に入るのかということまで一緒に考えてくれました。

ファイナンシャルプランナーに相談した内容

●ファイナンシャルプランナーさんに聞いた学資保険の話

  • 学資保険とは子供の教育費を貯めるためのもの
  • 支払い途中で契約者が死亡した場合、その後の支払いは免除される
  • 貯金目的のみのものと、子供の医療保険が付いたものがある
    (子供の医療については、市町村で補助金が出て無料になることが多いので、
    医療保険部分が必要かどうかはよく考えた方が良い)
  • 途中解約は不利になるので、無理のない金額を設定した方が良い
  • 月払いより年払い、年払いより一括支払いの方が、総払込保険料は安い
  • 基本的に大学進学直前の17~18年満期の保険に加入する人が多い
  • 大学進学時は、公立か私立か、自宅か下宿かによって必要資金が異なるので、
    方針を決めておいた方が良い

これらの情報を基に、満期時期、満期金額、支払い方法を一緒に考え、
家族全員が納得できる保険に加入することが出来ました。

また、直接の効果ではありませんが、家族間でもなかなかしにくいお金の話…
そして将来の話をするのに、
第三者であるファイナンシャルプランナーさんがいることで、
初めて話し合えたこともあります。

また、第三者からのアドバイスは、
家族のそれぞれの主張よりも説得力がありました。

今回、ライフプランを作成したことも含め、
相談できてとても良かったと思います。

そんなオマケの効果もありましたが、何故相談するのか
何を相談したいのかをはっきりさせることで、
短時間で効率の良い相談をすることができました。

その後、保険の見直しについての提案も受けるのですが、
まずは最初の目的である学資保険についてはっきりさせたことで、
次の相談もしやすくなったと思っています。